2020年2月16日日曜日

MP3

このところ、AmazonmusicをAmazonfireで、USB接続して聴いています。
このシステムは本来、USBメモリープレーヤーです。
デジタル外部入力を設置したことで、Amazonfire接続再生出来ています。
このシステムは、小林氏のSSDAC、可変フィルター、ダイナミックエキスパンダーの構成です。











しかし、今日、久しぶりにUSBプレーヤーとして使用しました。











音を聴いて愕然としました。
AmazonmusicもUSBメモリーも音源はMP3ですが、明らかに音質が違います。
やはり、デジタル配信によるビット落ちによる事が有るのでしょうか、
USBメモリーの再生の方が、同じ曲を聴いても違います。
確かにCDやレコードを聴くと、音の次元が全く違います。
これは当たり前のことですが、耳の慣れとは恐ろしいものですね、デジタル配信のMP3の音源でも、何時も聴いていると、これが当たり前と思っているのです。
同じフォーマットのデジタルでも違うのです。


2020年2月14日金曜日

アクティブコントローラー

音響の世界では当たり前に使用されている、アクティブコントローラーですが、オーディオでもかなり古くから採用されてきました。
それはBOSEの901です。
前面に10cmフルレンジを1個、後面に8個を配しています。
私の記憶では大学時代から有って、異色なスピーカーでした。
今回、製作したコントローラーは、モニター1の特性を測定して細かく調整できるよう設計しました。











回路は特に難しい事はなく、北野式フィルターと加算回路、そしてFETを使用したVCAで構成されています。











入力音声をRMS整流して、VCAを駆動すると共にVUメーターを駆動しています。
一般家庭で、大型のスピーカーを使用しなくても、小型のスピーカーで最大限に楽しめるサウンドを作り出すアイテムとしては、良いのかも知れません。

2020年2月13日木曜日

モニター1アクティブコントローラー

伊藤君製作の名器モニター1を更に進化させるべく、コントローラーを製作しました。
このコントローラーは、北野式フィルターで50Hz以下、80Hz以下、15KHz以上を
出します。
入力された信号に加算回路でこれを付加します。
ただ付加するのでなく、FETで信号を制御して、信号が最小の時50Hzで+6dB、80Hzで+3dB、15KHzで+3dB、ブーストされます。
入力信号が大きくなると付加レベルは減少して、フルレベルに成ると、特性はフラットになります。











結果は上々で、小林氏のSSDACを搭載、ダイナミックエキスパンダー内蔵DACでAmazonmusicを再生、深夜に音楽を楽しむには最高のアイテムです。




















それにしても、アルミコーンの伊藤君のフルレンジ、まるで学生時代に彼が愛用していたフルレンジ、ジョウ―ダンワッツの様です。
このフルレンジ8cmと小口径ながら、箱の作りと相まって、コントローラーの使用で明らかに低域の出方が変わります。
50Hzのブーストレベルを変えると低域が変化し、小音量でもかなりな重低音が再生されます。
オーディオ大会の沢山の友人や仕事仲間が来ると、皆、このモニター1を譲ってくれないかと言います。
モニター1は、スピーカーと箱の材質、そして容量がマッチした素晴らしい作品と言えます。
私にとって北野式フィルターと同じく、大事な宝物です。


2020年2月10日月曜日

目黒区高齢者センター慰問コンサート

先日、目黒の高齢者センターで慰問コンサートが有りました。













今回で4回目に成ります。
このコンサートはソニーミュージックの役員OBが結成するバンドが主催で行っています。













メンバーは蒼々たるもので、元、代表取締役社長の章氏を筆頭に、役員、アニメ崖の上のポニョの作曲で、NHK紅白にも出演した、藤岡氏、そして井上陽水のヒット曲、夏休みを作曲した河合氏が参加しています。






















今回も、音響には北野式チャンネルデバイダーを使用しました。
サウンド作りはスムーズで大変使い勝手は素晴らしいです。













又、ブログでも紹介したピエゾツイーターをモニターの返しに使用しました。
大音量で再生するのでなく、モニターのように接近して使用するには、結果は上々でした。

2020年1月30日木曜日

ピエゾホーンツイーター

Amazonで安価で購入した、ピエゾホーンツイーターを使用できるようにしてみました。
最近では、良く知られるようになったピエゾスピーカーですが、かなり昔から有り、例えば、セラミック型イヤフォン、圧電ブザーもそうですし、かなり昔では、レコード再生用セラミックカートリッジもその部類に入ります。
圧電素子のピエゾ効果を利用したものです。











今回はホーン付きの物を購入しました。
特性を図ってみると、3KHz~4KHz間ではー6dBだら下がり、4KHz~20KHzでは±3dB以内には収まっています。
オーディオ用とし使用は難しい物のPA用として高域の追加用では使用できそうです。











Amazonで1個356円で購入したので、ケースは100円ショップで購入しました。
結構、外観も綺麗に出来、満足の出来るものに成りました。
30cmフルレンジと組み合わせる予定です。

2020年1月22日水曜日

北野式の解析

MJ誌(無線と実験)に発表した北野式チャンネルデバイダーの件で、SSDACを開発した小林氏から、新たなこのチャンデバのフィルターの解析が報告されました。













小林氏の解析では、

(昨年末に聞かされた伝達関数1のチャネルディバイダが気になってMJ読んだあと理論解析をしていたのですが、ターンオーバをつけることによって群遅延特性が大幅に改善されていることがわかりました。LPFとターンオーバの群遅延が補正し合う関係になるのでカットオフ周波数で群遅延が改善されるのだと思います)

小林氏は、伝達関数1で有ることは、勿論で有るが、群遅延の解決が一番で有ると常に言っていました。
















初めて北野式を製作、モニター2で、通常使用していたチャンデバをCR1段6dBOCTと、北野式12dBOCTとフィルターの減衰特性は違うものの伝達関数はどちらも1を聞き比べた時、飛躍的な改善が有りました。
当初は、減衰特性の違いで、被っている帯域の影響の違いと思っていました。
しかし、小林氏の解析の報告で納得がいきました。
CR1段では勿論、伝達関数1ですが、群遅延は起こります。
それは、周波数で遅延が起こる、コンデンサーを使用しているからで、アナログフィルターを使用するからには避ける事はできません。
しかし、北野式ではこの群遅延が改善されているのです。
帯域の被りだけで片付けられない事が、有ったのです。
だからこそ、素晴らしい事が、モニター2に起こった訳です。
残念ながら、この事をMJ誌には掲載できませんでした。
MJ誌の記事を読んだ方が、このチャンデバを製作して、違いに気づいて頂きたいです。

プロ用機器

去年、年末に友人からの依頼で、某病院の忘年会の音響を受けました。
500人ほどの宴会場で、バンドや歌手が出ると言うので、会場の設備では無理が有り
依頼が有ったのです。











残念ながら、ステージの様子しか写せなかったのですが、演奏者はライブハウスで常に出演しているプロで、ドラム、ベース、ギター、キーボード2台、コーラス4人、ボーカルという本格的なバンドでした。




















今回も北野式チャンデバを使用しました。
アンプは低域に1000W、高域に300Wを使用、スピーカーは低域にTADタンデム2台、高域にTADフルレンジ4ホーン付きを8台で鳴らしました。
特に今回使用した高域用アンプはヤマハのプロシリーズP2080です。











25年前のアンプですが、今でも故障もなく使用しています。
ヤマハの音響用アンプの中でもプロシリーズは別格でした。
この時代までは純国産で、プロの間でも信用はとても厚かったのです。
しかし、現在ではプロシリーズは生産されていません。
今回も、期待を裏切らず、フルパワーでも問題なく会場を鳴らし切ってくれました。