2019年5月13日月曜日

KITANO SUPER X OVER NO2

バッファーアンプの重要性を指摘されて、追加しました。











動作テストですが、何のトラブルもなく音が出ました。











早速、リビングの4WaY、スピーカーに接続してみました。
低域は38cm×2、中低域は16cm×4フロントロード、中高域はショートホーン
高域はホーンツイーターの構成でツイーター以外はTAD製です。











アンプは、低域に最近完成した6P1Pパラプッシュを3結にして、高域は6AQ5プッシュ無帰還を使用しました。











普段聞いているソースをかけてみました。
まず、第一印象として、定位と解像度の良さ、オーケストラとボーカルのオペラを聞くと一目瞭然です。
そして、歪感が全くありません。
思わず、音楽に聞き惚れてしまいました。
普段は、CR型パッシブか、トランス接続バランスLC型を使用するのですが、どちらとも、フォーカスが違います。


















自室に戻り。小型2WaYのモニター2を鳴らしてみました。
モニター2は、私が改造した16cmコンプレッションウーハーと友人の伊藤氏が設計、メーカーのONKYOが製作した、16cmフルレンジで構成されています。
まるで初めてホーンスピーカーを導入した時みたいに、ついついホーンのレベルを上げる過ぎるように、定位と解像度の良さ歪感の無さで、フルレンジのレベルを上げすぎてしまいました。
丁度良いバランスになると、やはり、フォーカスが違います。
音量を下げてもあやふやな音には成りません。
現在デジタルデバイダーが出現して、伝達関数や位相管理は安易にできるようになりました。
昔はAD、DAコンバーターやDSP処理が思わしくなく、いまいちでしたが、現在はプロ用としても十分通用するものが多く出ています。
私としては、もっと早く、このフィルターが出ていれば、アナログ時代において、革命が起きたかもしれません。
しかし、オーディオマニアにとっては、まだまだ、製作する価値が大いにあります。



2019年5月5日日曜日

KITNO SUPER X OVER

北野式チャンネルデバイダーのフィルター基盤が完成しました。











ソケットだらけですが、周波数を変えられるようにするため、コンデンサーをソケットにして交換できるようにしてあります。
なんせ、片チャンネルで8個、両チャンネルで16個もコンデンサーが必要になります。
使用したICは、TL072でセラミックタイプ、ミリタリー仕様です。
フィルターの入力インピーダンスは低いので、フィルター前にバッファーアンプが必要ですが、今回はバランス入力を考えてタムラのトランスを使用しています。
(一般のオディオ用ICが出力ドライブインピーダンスが2KΩ以上でNE5532クラスで600Ωです。
トランスの交流インピーダンスが600Ωなので、十分と考えます。)
と思っていたら、北野氏から、ICのボルテージフォロアーのインピーダンスについて
私の認識違いを指摘されました。
本来ICのドライブインピーダンスと特にボルテージフォロアーにした時の出力インピーダンスが違う点です。
やはり、前段にバッファーが必要と思いました。
写真では、追加されてませんが、追加します。





























低域と高域のイコライザーは下にあります。




















レベルメーターも搭載、入力出力もバランス出力、低域専用イコライザーライザー、
高域専用イコライザー、イコライザーはパス可能です。
プロ仕様にしたので、仕事での活躍を期待しています。
後は注文したコンデンサーが到着するのを待つのみです。

2019年5月4日土曜日

チャンネルデバイダー

EQ基盤が完成しました。




















低域用と高域用が有ります。











ケースに収納、配線が完了しました。
出力系はすべてトランス出力による600Ωバランス出力です。




















左側のEQ基盤上に北野式チャンネルフィルターが配置されます。
連休明けに部品を調達、完成させる予定です。

2019年5月3日金曜日

スパーチャンネルデバイダー

仕事用として小型のイコライザー内蔵チャンネルデバイダーを製作予定でケース加工までできていました。











当初は、デバイダーのフィルターをCR2段の12dBoctにする予定でした。
しかし、友人の北野氏が大学時代に考案した、合成伝達関数が1に成るフィルターが実用新案を取得したというので、改めて検証も含めて採用してみる事としました。











基板は低域と高域のイコライザー基板です。











基板はさらにVUメーター基盤が上に乗ります。











入力トランスが乗っている基板に北野氏考案のフィルターが組まれます。
残念ながらまだ回路は公開できません。











製作を急ぎ、できるだけ早く報告したいです。

2019年4月22日月曜日

チャンネルデバイダー

昨日、やっと完成した6P1Pアンプですが、モニター2をマルチ再生するにあたってチャンネルデバイダーを使用しました。
使用したのは、コンデンサーとコイルのパッシブ型です。
その昔、TADユニットの開発者木下氏がレイオーディオでチャンネルデバイダーとして
Xオーバーと称して使用していたのがそうです。











レイオーディオでは高性能パワーアンプでXオーバーをドライブ、CLフィルターで帯域分割してマッチングトランスでバランス出力にしていました。
そこで、これをお手本にして、まずインピーダンスを普段使用している600Ωに設定しました。
しかし、プロ用ミキサーなら600オームは余裕でドライブできるのですが、オーディオ用プリアンプでは無理が有ります。
そこでプリアンプの出力を1.2K:600Ωのトランスで受けます。
600Ωに変換した後、LCフィルターで帯域を分割します。
その後600:600Ωのトランスでそれぞれ出力します。
こうすることでバランス、アンバランスのどちらにも対応できます。











又、トランスを使用していることで容易に位相反転ができます。
さてトランスはタムラのラインシリーズ、LCフィルターにLは山水の小型トランスST
シリーズに磁気シールドを施し、CはシーメンスのMHKシリーズを使用しました。
山水のSTシリーズは電流さえ流さなければ、特性、歪率、音質ともに申し分無い隠れた存在です。
アクティブな部分がないのでまず故障することはありません。
普段は、仕事で、メインデバイダーの予備として使用しています。











昨日も使用しましたが、音質、使いやすさ共に申し分ありません。

6P1Pパラプッシュアンプノイズ対策

電源トランスから出力トランスへの誘導ハムが対策できたのですが、今度はドライブトランスの誘導ハムとドライブアンプのS/Nの悪さが表立ってきました。
ドライブトランスは、2W程度の真空管出力トランスを使用しています。
8Ω:10KΩで5KΩのタップをセンターに使用しています。
裸のトランスなのでギターのピックアップ同様、なんでも磁気を拾います。











ネットで収集した諸先輩のアドバイスを頂いて、まずはカバーを外して、ショートリングとして銅板を巻きます。











外部の磁気シールドは、強磁性体の必要があるのですが、有りました、缶詰の勘です。サイズは、おー、グリンピースの缶がぴったり、中身は豆ごはんに使用して、本当にぴったり、ラッキーでした。











トランス本体が缶に触れないように(触れると磁気回路が形成されて、シールドの意味がなくなる)ゴムのクッション材をトランスに巻き付けて缶に納めます。
本当に効果があるのかな、半信半疑ですが、とりあえず、収納します。











さて、当初使用していたドライブアンプですが、JRCの2073DのライセンスコピーのTDA2822を使用しましたが、2073Dは、過去にヘッドフォンアンプに使用して音質は良いのですが、S/Nがいまいちでした。
今回は、改善されていると期待を込めていたのですが、やはり同じでした。
そもそも、ゲインが40dBもあり、MCカートリッジのヘッドアンプでもあるまいし、パワーアンプICなので、無理な要求です。
さて、どうしようかと思っていたら、現に私が何度か使用しているフィリップス社のTDA7056Bがあるじゃないか。
このICの良さは、出力段はBTL構成になっていて、出力コンデンサーが必要ないこと、ゲインコントロールが外部でできる事、音質については、全国アンプ研究会の大会でこのICを使用して、出力トランスを並列給電にドライブして、パワーアンプを製作、審査員特別賞を頂いた、お墨付きICです。
このゲインコントロールを左右のレベル調整に使用しました。











ドライバートランスの銅箔リングと缶のシールドは功を奏してハムは全く聞こえなくなりました。
手前みそではないですが、素晴らしい!の一言に尽きます。











今回はリビングにモニター2を持ち込んで、今回のアンプを低域に6AQ5PPアンプを
高域に使用して再生しました。
ULと3極接続を切り替えられるのですが、それぞれの良さが有ります。











結果、当初のノイズ、ハムは解決でき、3極接続接の時、出力は6W、UL接続では10Wとなりました。
長年、オール真空管アンプでラージモニターを駆動したかったので、やっと、目的に到達できそうです。





2019年4月15日月曜日

6P1Pパラプッシュアンプ続き

シールドの無い電源トランスを使った事で、磁気ハム対策に四苦八苦して
電源トランスの方向を変えたりして、分かったのはトランスを取り付けた底板が
鉄製なので、磁気ハムをばら蒔いている事でした。
対策としては底板からトランスを浮かして離すしかありません。
電気磁気学でもお馴染みですが、磁界は距離の二乗に反比例するので、離すのが
一番の方法です。
そこで、トランスにスペーサーを入れて2cm浮かしました。
又、出力トランスも同じく浮かします。
これによって、スピーカーに耳を付けて微妙に聞こえる程になりました。
しかし、問題が残ります。
トランスの容量が私の計算の誤りによって、ギリギリに成ってしまいトランス自体の
発熱がひどく成り、かなり熱くなります。
底板に直接取り付けていた時は、底板に放熱されて、分からなかったのです。
そこで、なんとトランスに放熱器を取り付ける事にしました。
変電所のトランスでありまいし、普通では無い光景です。
でも仕方がありません。











音は私のオーディオライフの中で異彩なアンプに成りました。
どちらかというと、私の今までのアンプはプリアンプは、マークレビンソン、
パワーアンプはマッキントッシュ、といった音でしたが、今回のアンプはどちらかと言えば、マランツ9の様な音です。











モニター2をネットワークで鳴らしていますが、私が今まで製作した、アンプと違った鳴り方をしています。
細やかで繊細、低域もかなり締まっていて、重低音が再生されます。
UL接続と3極接続を切り替えると、3極接続ではこの傾向が顕著に現れます。
また、NFBの切り替えを付けました。
無帰還、有帰還を切り替えられます。
無帰還の方が開放的に鳴ります。
レコード、CD、MP3と片っ端から再生してみました。
モニター2もそうですが、モニター1が高域が落ち着いて、重心の低い音で鳴るので
ちょっと驚きました。
外観もまるでアキュフェイズのパワーアンプP300の様で気に入っています。
そういえば、私が大学生時代初めて購入した自作以外のアンプは同社のC200でした。