2021年6月19日土曜日

トランス式アッテネーター

 やっと落ち着いた、セカンドシステムですが、富田先生設計のFET1段ラインアンプを

トランス式アッテネーターに変えてみました。








中央のがトランス式アッテネーターです。

 放送局やコンサートホール、映画館等では、業務用としてタムラ製作所のトランスが
多用されてきました。
今回のアッテネーターに使用しているトランスは、タムラ製作所でトランスを巻いていた技術者が、独立して放送局用に製作していたFUJIトランス製です。







このトランスに東京光音製のアッテネーターを組み合わせます。

22接点のロータリースイッチに抵抗を組み合わせた構造に成っています。

やはり放送局のレコード再生用ターンテーブルに採用していました。

結果、FET1段のラインアンプは、水道水が、ミネラルウォーター変換されるような

音質に対し、あくまでもストレートですが、塩素臭が取り除かれるような音質に変わります。

どっちが良いかは、好みの問題でしょう。

2021年6月17日木曜日

やっと決まった、システムレイアウト

 ラージモニターの再生系とは別に、モニター1、モニター2ように再生系を構築したのですが

レイアウトで迷っていましたが、やっと落ち着きました。





















SSDACを中心とした再生系とプリアンプ、チャンデバ、モニター2用低域アンプを
テーブルの上に、パワーアンプ重量物を下に設置しました。

又、オーレックスのアンプを改造し、サンケンSI1050Gを使用したアンプですが、
内部の配線をよく見てみると、アースラインの引き回しがおかしい事に気付きました。
電源のコンデンサーから左右のレギュレーター、パワーICまでのアースライン引き回しが
一直線でなく、全てのアースが電源のコンデンサーに接続されていました。
配線したのは自分ですが、何故だったのか分かりません。
そこで、配線しなおしました。
そうしたら、ICが熱く成らなくなり、温度が落ち着きました。
スコープで見た時は、明らかに発振していなかったのですが、やはり何か理由が有りそうです。
音も、更に透明度がました様です。

2021年6月14日月曜日

可変型抵抗器(ボリューム)の経年変化。

 先日の投稿でも紹介したプリアンプ、ボリューム調整の位置で誤差が有り、音楽の定位が、変わってきます。

そこで、発振器とバルボルに接続して測定してみました。

やはり2dB~3dBも大きく誤差が生じる事が分かりました。

30年前は多分なかったと思います。

そこで、新しく交換しました。




















今まで使用してきたアルプス音響製の10KΩ、Aカーブ、2連ボリューム
右が今回交換したAB製の10KΩ、Aカーブ2連ボリュームです。
交換して、30年と言う経年劣化を思い知らされました。
左右の連動誤差だけでなく、音質も透明感が増し、明るい音質に変化しました。
通常ボリュームの経年劣化と言うと、接触不良等のガリを思いますが、音質も変わっていくのだと改めて思い知らされました。

2021年6月13日日曜日

昔のアンプさらなる続き。

 45年前のパワーICがここまで良いとは思わなかった事から、またまた終活で、アンプや

その他の機器を整理すると事に、狂いが生じてきました。












先回から記載しているパワーアンプですが、古いサンケンの規格表を元に回路に手を加えたら、当時でもこんなに良い音(DCアンプで無いので、カップリング、NFコンデンサーの問題もあった)だったのか、と思う程になりました。

そして、プリアンプ、30年前に製作しました。
(故)富田先生がオーディオクラフトで製品として発表した、2SK30Aを用いた
ラインアンプ、ラジオ技術で発表されて、話題を呼びました。
このアンプ部分に東芝のオーディオ用FET、2SK147、2SJ72(このFETはレコードEQのモジュールにも使用)のコンプリバッファーを付け足して、このアンプは出来上がりました。
当初は、この回路をモジュール化する予定だった。
小型ながら、信号用リレーを採用して、ライン入力3系統、録再機(テープデッキ等)2系統が接続出来、同時モニターが出来ます。
更に100Hz以下のサブウーハー出力が有ります。











当時製作したアンプは、このように木枠ケースに入れていました。
セレクターやボリュームのつまみは、私が高校生の頃、テクニクスのパネルデザインが気に入っていて、これらのアンプに使用されていた、つまみを偶然、見つけ使ったのです。
大変気にっています。
SI1050Gパワーアンプと組み合わせでは、モニター1はDCアンプと甲乙つけがたい鳴りっぷりで、私はどうしたらいいんだ、と困ってしまいました。

話は、大変それてしまいましたが、終活で沢山の機材を整理するには、未練を捨て、
鬼のように成らなくてはいけないのかと思うと憂鬱になります。

2021年6月12日土曜日

昔のアンプ、続き

 モニター1に接続して聴いてみました。

モニター1は8cmフルレンジ+リボンツイーターです。








今回はFET1段の(故)富田先生が設計された2SK30を使用したプリアンプでドライブしてみました。








現在使用している、DCアンプと遜色がない位の音質です。












サンケンのパワーパックと放熱板近辺の写真です。
しかし、放熱板に触ったらあっちち、熱い、測定してみたら無音状態でアイドリングが200mAも流れている。
発振しているのかと思い、スコープで見たら問題なし。
そういえば、私が中学生の頃、従兄がパイオニアのパワーアンプを所有していて、トランジスターアンプなのに、真空管アンプと思う程、発熱していたのを思い出します。
この頃のアンプは音を良くすためにAB級動作でアイドリングをかなり流していたようです。
兎に角、45年前のICパワーパックがこんなに性能が良いとは思わなかったです。

昔のパワーアンプ

 今では、アンプ素子としてパワーOPアンプが有り、手軽に高音質、ハイパワーのアンプが作れます。

国内では、45年前にパワーパックと称して5W~50Wまでの様々なパワーICが多くのメーカーから商品化されました。

主なものとして、東芝TH90シリーズ、三洋STKシリーズ、サンケンSIシリーズが有りました。

何故こんな話をと思われるかと言うと、最近までモニター2の低域を鳴らしてきたアンプに

理由が有ります。












写真のアンプは、懐かしい東芝のオーディオブランド、AUREX(オーレックス)の
パワーアンプです。
実際は、ケースだけで中身は違います。
リサイクルショップで見つけ、大変綺麗だったので、2000円で購入しました。
笑い話で無いけど、(音が出ます)と表記されていました。
半分期待を持って帰宅、スピーカーに接続、電源を入れて音を出したら、宇宙人の会話の様な音が出ました。
しかも両チャンネル共です。
やっぱり駄目だったかと思いつつ、中を覗いてみると電源トランス2A、電源ケミコン15000μF(日本ケミコン)、パワーメーター、意外とこの辺は使えそうです。
基板を修理するにもそこまでしてまでと思ったので、別な方法が無いかと、手元にそれこそ
45年前に流行った、サンケンのパワーIC、SI1050Gが有りました。
しかし、動作するだろうか、作ってみるしかない。

このアンプ(AUREX)は、出力50W+50Wです。
サンケンSI1050Gも50Wの出力です。
アンプ基板を外し、電源の電圧を測定してみると±50V有ります。
しかしSI1050Gは±45Vが定格電圧です。
そこで、安定化電源を考えました。
必要な電流は1Aです。
左右それぞれに±レギュレーターを作りました。
なんと驚いたことに45年前のSI1050Gは問題なく動作しました。
実測でも50W+50Wのパワーが出ます。
更に定電圧電源を使用したせいか、音質もかなり真面です。

モニター2の低域用デジタルアンプが出来るまでは、このアンプが現用でした。




2021年6月7日月曜日

再生機器の見直し。

 年と共に、終活を考えるようになってきました。

現在、私の自室のオディオシステムとリビングのシステムと有ります。












自室のスピーカーシステムはメインのラージモニター、サブシステムのモニター1、モニター2の3個のシステムが有ります。











ラージモニターは3Wayのマルチアンプ駆動で、メインラックに再生機器からパワーアンプまで収められています。










最近までモニター1、モニター2はメインラックに納められたアンプ類をしようしてきました。

しかし今ではメインラックとは別に再生機器を設置しています。

ミニCPU、SSDAC、北野式チャンデバの組み合わせで、ラージモニターの出番が殆ど

無くなってきたのもその原因です。

メインラックにはオンキョウとタスカムのCDプレーヤーが設置されていますが、

ミニCPUとSSDACの組み合わせの再生音が圧倒的に良いので使用していません。

近々にこれらの必要の無い機器(プレーヤー、アンプ)を処分して減らしていく予定でいます。